動画配信サービス レンタル

動画配信サービスのなかには一定期間だけ
動画が視聴できるレンタルシステムを取っているところがあります。

主なところだとアマゾンプライムビデオ。
Amazonプライム・ビデオは見放題の作品を除いて、
作品一つずつその都度料金を払って視聴するシステムになっています。
期間を区切ってレンタルする方が少し安い金額で視聴することができます。

レンタルのサービスが充実している動画配信サービスの中で
オススメなのがビデオマーケット。

取り扱い点数が圧倒的に多く、レンタル料金も安いです。
しかも新作が豊富に配信されています。

動画配信サービス「ビデオマーケット」

初月は0円で利用でき、初月で解約すれば料金かかりません。

ほかにオススメできるのは、dTV。

dTVは見放題も格安ですが、見放題の動画には基本的に新作を含まないので、
たまに新作も見たいという人にオススメの動画配信サービスです。

dTV

動画配信サービス ポイント

ポイントがお得に使える動画配信サービスとは?

動画配信サービスの中にはポイントを有効に使えるサービスがあります。

その中でオススメなのはdTV。

半分は定額の見放題だけど、新作なんかは見放題の対象外。
そんな時はドコモのdポイントを使ってレンタル動画を決済することができます。
dポイントがたまっている人にオススメですね。

あとはU-NEXT。

毎月1200円相当のポイントがもらえるのでポイントを使って
新作をはじめとした動画を楽しむことがでます。

動画配信サービス 激化

動画配信サービスにAmazonプライムビデオが参入してから、

Netflixが参入したりと、ますます動画配信サービス業界のシェア争いが

激化してきました。



私の周りでもここ2年で動画配信サービスを使っている人が
格段に増えた印象があります。


それまではスマホの契約の時に勝手にオプションにつけられて
結局使わずに解約した。。

なんて人も結構多かったと思います。


やっぱりアマゾンの利用者は多いですから、
アマゾンの参入はここ数年では一番大きかったんでしょうね。。

動画配信サービス 日本

日本独自の動画配信サービスの会社といえば、、

U-NEXTとdTV。。

あと実はhuluも世界でサービス展開してますが、
日本の場合は、日本テレビによって買収されたので、
日本テレビが運営しています。

Huluは世界でサービスを展開しているだけあって、
洋画の配信作品数が多いですね。
でも日本テレビにも買収されたこともあって、日本テレビの見逃し配信なんかも見れたりします。

dTVはドコモが運営しているサービスですが、実は携帯がドコモじゃなくても使えます。
auビデオパスはauじゃないと入れないんですけどね。

Huluは月額見放題なので追加のお金がかからないのがいいですね。dTVは半分くらいが追加にお金が必要です。
またHuluの方が少し値段が高いですがその分dTVに比べて画質がいいです。

UーNEXTはもともとUSENが運営していたサービスで月額も1990円と高額ですが新作が観れます。

自分の好みやライフスタイルの合わせて選んでみてくださいね。


31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】